ある日のお稽古着。

先週のある日は弾君、カトルカールバレエさんのウェアを着ていました。

こちらはロシアのトップダンサー、Igor Kolb(イーゴリ・コルプ)さん監修の

『Ballet maniacs(バレエマニア)』のプルオーバーです。

このイナヅマモチーフのパンツも弾君、履いてましたね。

意味もなくサービス、これですこれです(撮影:三宅勝士さん)。

一応メンズのようですがSサイズなら女子も大丈夫かも。

斜めになったファスナーがシャープなイメージです。

足元のブーティも同じくバレエマニアのもの。

長くしたり短くくしゅっとしたり調節できて重宝しています。

そしてパンツは同じくカトルカールバレエさん扱いで

ソウル在住のフランス女性がデザインをされているという『SMK』。

実は弾君、初代のパンツは履き過ぎて破けてしまいこれが二代目!

音にちなんで勝手に“シャカパン”って呼んでるようです♪

このブランドは環境に優しいことが特徴で

このシャカパンも使用済みペットボトルからできた

リサイクルポリエステルで作られているので

材料が揃うまで製造できない、なんてこともあるとか(ご担当N原さん談)。

タグにもそんなことが書いてありますね(推定)。

日本にはないブランドやデザインがみつかるバレエウェアのお店、

カトルカールバレエのサイトをのぞいてみてくださいね。

来週末の25日&26日は東京バレエ団での『スタジオパフォーマンス』。

チケットの売れ行きは上々だそうですが

お越しになる方、どうぞお楽しみに~!

弾君、かっちょいいですよ☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

城塞都市へ。

昨夜のNHK『旅するフランス語』、ご覧いただけたでしょうか。

弾君がこの日トゥールーズから南東へ約90キロ移動して

降り立ったのは、カルカッソンヌという、オード県の県庁所在地でした。

グーグルの地図から。

トゥールーズとの位置関係がだいたいわかりますか?

スペインとの国境にも近く、南にはバルセロナの文字も見えます。

人口4万人強のこの町、

のんびりしててどこか洗練さも感じられて

なんだかとっても素敵だったんです。

古い建物好きのナデシコにはたまらないエリアでした…

ってすみません、番組のご報告に戻ります。

日本語版公式サイトより。

このカルカッソンヌは城下町でして、高台には中世に要塞化され、

現在は世界遺産になっているシテ=城塞都市が堂々たる姿を見せています。

弾君は昨夜ここを訪問したんですね。

その昔は戦いに備え二重の壁を巡らせた要塞ですが

現在は整備され、日本でも見られるような、

お土産物屋さんが両側に並んだ参道を思わせる道も。

しかし奥へ奥へと進むと段々観光客も少なくなり

高い壁にはさまれ、中世の街へ迷い込んだような気持ちに。

わぁ、本当に高台に作られた城塞都市です。

見覚えありますよね、1月号のテキストの表紙はここで撮影です。

三宅カメラマンの後ろから失礼します。

そしてシテを愛し住み、騎士道や剣術を研究している

ジャン=フランソワさんに、

シテのお城、コンタル城を案内して貰いました。

お城の窓からはシテを守る壁と塔、

その向こうに城下町がのぞめます。

いよいよジャン=フランソワさんのサロンに。

たくさんのかぶとや剣、騎士の衣装(というんでしょうか?)が

コレクションされていました。

レプリカとはいえずっしり重みのある剣を手に

ジャン=フランソワさんのお話に興味深々の弾君。

剣術の基本の形をいくつか教えていただき、

その心もお聞きして

バレエに通じるものがあると思う、と弾君。

しかし体幹がしっかりしているせいでしょうか、どうですこのポーズ!

ジャン=フランソワさん、ありがとうございました。

お日さまが傾きロケが終わり、

たそがれポーズの弾君ですが…

やっぱりおなかがすいたよね、

いただきまーす!

このエントリーをはてなブックマークに追加

地元へ凱旋。

素敵!

22日は柄本弾の地元京都での『くるみ割り人形』公演でした。

ロームシアター京都には開場とともにお客様が続々。

早くにお席が完売になり、

弾君の地元への初凱旋&主演を盛り上げていただきました。

2000席弱の大きめのホールですが

ご覧のようにコンパクトで傾斜があって上の階からも見易そうです。

舞台写真はいずれも井上嘉和さん。

白い王子様の衣装もこのお人形の兵隊さんの衣装も

どっちも似合っていて、高度なジャンプやリフトも軽々、

川島麻実子さんと一緒に夢の世界へ連れていってくれました。

この公演のメインのイラストを描いた桜沢エリカも

日帰りで駆けつけましたよ。

前夜遅くまで仕事だったようですが

先生、行って良かったですよね。

楽屋見舞いも行かずトンボ帰り、

さいき家のだし巻弁当も最後のふたつが残ってた!

今年も桜沢エリカと柄本弾への応援を有り難うございました。

来年もどうぞご贔屓を賜りますようお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始の放送は…

こちらは『旅するフランス語』第12回から。

猫ちゃんになった西川葉澄先生とポチョックと一緒に

東京で9回から11回の復習をして、

トゥールーズに戻って先生からの指令をなんとかクリア、

ティノさんに報告してるの図、です。

そして年末年始の放送のご案内をしておきますね。

今朝の新聞もこうなっています。

はい、この第12回が何度か放送される予定です。

今日23:30~、30日(月)06:00~、1月6日(月)06:00~ ですよ。

何度見てもかっちょいいこの写真、

城塞都市カルカッソンヌにてロケの合い間に撮りました。

この回が第13回で1月9日(木)23:30~の放送です。

テキストの1月号も発売になっています。

ご準備をよろしくお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

22日(日)あさ6時。

東京FMの『日曜アートサロン和錆』。

先週柄本弾が出演させていただきましたが今度の日曜日も!

朝6時からの番組です。お話の後半は『旅するフランス語』のことも。

そして弾君のリクエスト曲はやっぱり?

お聴きくださいませ!

このエントリーをはてなブックマークに追加