弾君の新しいウェア♪

弾君が新しいレッスン着を得て軽くポーズを取ってます。

パンツは弾君命名の“シャカパン”、

今まではカラフルな色が揃っていましたが無地だけだった、

それが“ICE”と名付けられた素敵な柄も出ました。

手にしたジャケットもお揃いです。

男女共通のLサイズ、女性はSからご検討くださいね。

弾君はもちろん上下ともLを着ています。

ジャケットはこちらから、

シャカパンはこのページをご参考に。

メゾンドカトルというダンスウェアのオンラインセレクトショップで

取り扱いのSMKというブランド。

韓国からフランス人のサンドラさんが発信しています。

インナーのTシャツは?

ロシアのバレリーナで指導者の故ソフィア・ゴロフキナさんに

捧げられたシリーズでこちらはBallet Maniacs 製です。

見えづらいですが表にはソフィアさんの写真、

お、弾君ありがとう。

背中にはソフィアさんが指導されたスターダンサーたちの名前が。

このTシャツについてはメンズレディス両方ございます。

因みに弾君はメンズのL、さらっとしていて着心地良さそう!

さて弾君のポージング?を見ていてくれたのが

それまで一緒にリハーサルしていた同期の伝田陽美さん。

近年めきめき美しく、きりっと迫力が出てきて

拝見していて幸せになるダンサーです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『スワン・マガジン』に。

平凡社『スワン・マガジン』2021年冬号!

明日発売でございます。

この上質なバレエ雑誌にですね…

柄本弾のカレンダーの告知をしていただいています。

皆さまもうお手にされているでしょうか。

来年は弾君とお過ごしください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都迷宮案内(Ⓒテレ朝)

おしゃれな書店のカレンダー売り場、

あれ、一番手前に見覚えのある男子。

間違いない、弾君です。

弾君のカレンダーって、ナデシコプロのオンラインショップでの

販売だと思っていたけれど、ここは?

はい、昭和17年創業の京都の老舗書店、大垣書店本店ですよ~。

弾君が京都出身というご縁で今週から7店舗で扱ってくださっています。

四条烏丸の、新しいけれど京都らしいビルの1階。

四条通りに面したファサードを東から。

古都の風景に溶け込んだシックなデザインですね。

こちらは本店からも数分、

四条烏丸の交差点から烏丸通りを北上、三条通りを越した西側にある

とってもビューティフルな烏丸三条店。

烏丸三条店では入口すぐの特等席にスタンバイ。

仏像カレンダーのお隣りだなんてアカデミックで恐縮です。

反対側には中原淳一先生がいらっしゃるし。

伏見区の中書島駅!

伏見のお酒が並んでおります。とっても興味あるけど後回し。

伏見区出身の弾君が

色紙を書かせていただいたのでお持ちしなくちゃ。

きました大垣書店伏見店!

M店長お邪魔します。

既にレジ前の良い場所に並べていただいていて感激。

POPも用意してくださり嬉しいです。

お持ちした色紙も置いて撮らせていただきました。

大垣書店、商品部のIさんはじめ各店のご担当者もとても親切で、

お店作りに工夫を凝らしてあって

長居してらっしゃる風のお客がたくさんおられました。

地域に根差すとはこういうことですね…

オマケはとっても美味しかった280円出し巻き。

さすが京都です!

京都および近辺の方は

是非大垣書店に弾君に会いにいらしてくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FAXでもどうぞ!

桜沢エリカと柄本弾のカレンダー

10月末までにご購入いただいた方にはサイン入りで、

その後でもポストカードをつけて来月初旬に発送いたしますが

オンラインショップはどうも苦手で、というご連絡も。

でも大丈夫、FAXでのお申し込みも受け付けいたします!

用紙をこちらからダウンロードしていただくか

お手元の紙でも結構です。A4サイズでお願いします。

必要事項をご記入のうえ赤坂へジジジとFAXしてくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アランミクリブティック南青山へ。

東京メトロ表参道駅のB3出口から徒歩2分、

美味しいレストランやおしゃれな店が立ち並ぶ界隈に

アランミクリブティック南青山はあります。

弾君がいますね。遠くから見えます。

お邪魔してみましょう。

世界最大のアイウェアの会社、

ルックスオティカが取り扱う一部別のブランドもありますが

ほとんどがアランミクリですよ~。

きらきらとゴージャス!

パープルのフレームのサングラス、素敵♡

ベーシックなブラウンもアランミクリの手にかかると

なんだかおしゃれに。

とにかく個性的でスタイリッシュなフレームがたくさん。

そして店頭や店内のデジタルサイネージ看板で

世界基準のビジュアルとともに出てくるのが柄本弾でございます。

メガネを色々試して、ちょっと休憩、なんてスペースでも

弾君がじっとこっちを見ています。

青山にお越しに際は是非お出かけくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加