『ホワイト・クロウ』その参。

日比谷ブロードウェイ大学』、こんな素敵な大学、どこにあるんですか?

はい、日比谷シャンテ3階のHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE

内にできた大学でございます。

17日(金)、桜沢エリカがなんと“ゲスト講師”としてお邪魔するのは

同大学映画学科の笠井信輔ゼミだ!

伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの半生を

名優でもあるレイフ・ファインズ監督が描いた作品『ホワイト・クロウ』を

笠井アナウンサーと桜沢エリカが深く語り合います。

レイフ・ファインズ監督、

重要で味わい深い役で自ら出演もされています。

会場のHIBIYA COTTAGEにはこの映画関連のコーナーができていて…

有り難うございます、

桜沢エリカ『バレエ・リュス』と『バレエで世界に挑んだ男』も。

そして、あっ!弾君の生サインじゃないですか!

PRご担当のMさん、あの時書いたサインを取ってましたね?

はいこれこれ、ゴールデンウィークの時ですね。

そいうわけで皆さま、17日、日比谷ブロードウェイ大学においでいただくと

柄本弾の生サインが見られたり

桜沢エリカのバレエ漫画を入手できたり

テレビ業界随一の映画通、フジテレビ笠井信輔アナウンサーによる

『ホワイト・クロウ』に関する講義を聴かれたり

桜沢のバレエ漫談も?楽しめます。

お申し込み、お待ちしています!

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ホワイト・クロウ』その弐。

弾君が連休中にお邪魔したのはチャコット渋谷本店、

皆さんに何をお見せしてるの?

はい、明日まで店内の階段沿いにずらっと

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』のパネルが飾られていまして…

ほら、ここに柄本弾が映画に寄せたコメントも。

近くの某社で打ち合わせの前にのぞかせていただきました。

コメント自体は先日もご紹介させていただきましたね

ルドルフ・ヌレエフの半生を描いた、名優レイフ・ファインズ監督の

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』は明後日10日から公開です。

オマケ、実はこの映画の前売り券(古い?ムビチケ?)ブースが

先日東京文化会館で開催された『上野の森バレエホリデイ』に

出展していまして、柄本が表敬&サインに訪れましたら!

皆さまの熱気で包まれ撮影大会に。 感謝です♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

CS・テレ朝チャンネルで放送でした。

ご紹介がかなり遅くなってしまいましたが

3月に公演があった東京バレエ団初演『海賊』、

この公演に密着して制作、放送されたテレ朝チャンネル2『東京バレエ団「海賊」

~名作の初演、その舞台裏~』が素晴らしかったのです。

映像から何点か画像をお見せしますね。

ナレーションはNona(ノーナ)さん、まずこれでテンションがアガります。

そして柄本弾のインタビューもたっぷり、

“海賊の首領コンラッドは自分の素に近い”と。

キャーっ!

こんな感じですよね。

悪い弾君、素敵です♡

しっかり紹介もしていただいて有り難うございます。

インタビューはプリンシパルだけでなくもちろん先生がたも。

振り付けのアンナ・マリー=ホームズ先生は

何回かに分けて来日、自ら熱く明るい指導をされていました。

“東京バレエ団のダンサーには「大人の役者」になって欲しい(抄)”

という齊藤友佳理芸術監督。

指導されているのを拝見する機会がたまにありますが

素人の心にも響く言葉を使われ、忘れられないシーンがいくつもあります。

なんせ密着ですから本番も。

ダイジェストでいいところを見られました。

改めてヒゲの弾君、カッコ良かったですよね~。

この公演では衣装や舞台セットはミラノ・スカラ座から。

衣装、なんとも言えない、淡いのに深みのある美しい色、グラデーションに

本当にうっとりでした。

スカラ座の衣装部のイケメンのお兄さんや

大道具の主任さんも出演?です。

“日本の技術スタッフは世界一じゃないか(抄)”と。

海賊船の帆が波や風で動くところを見て欲しい、って、

えー、それ先にお聞きしたかったです…。

オマケはこんなシーンをどうぞ♡

ご覧いただいた方、録画されてますか?

業務連絡です、テレ朝チャンネルのSさま、お世話になりました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

トークイベントのご報告です。

先ほどツイッターでもご紹介しましたがナイスな写真ですよね☆

NBSのTさんが一眼レフで激写してくれていました。

さて4月28日の午後、『白鳥の湖』ファミリー公演のあとで行われたのは

柄本弾のトークイベント。

出番直前のちょっと緊張気味のふたり、

進行はダンサーで振付師の上垣内平(かみがいち・たいら)さんです。

数々の舞台、自主公演で活躍しておられる方ですよ♪

こちらもTさん撮影、わー、たくさんのお客様ですね~。

テーマパークでのお仕事経験のあるKさんによると400人ぐらいでは?と。

ほんまですかー?

でも300人ぐらいの方はまちがいなくいらしたかもしれません、感謝です♡

こちらはいつもの通りナデシコのスマホです。

脚立&一眼レフの上の写真には負けますが…

Tさん写真が続きます。

トークではバレエをはじめたきっかけや

運動神経抜群でバレエと並行して色んなスポーツをしていた柄本が

バレエに集中しようと思ったきっかけなどあれやこれや…

こちらはナデシコのI女史撮影。

みんな色んな場所で撮ってたんです。

事前に募集していた皆さまからの質問や簡単ストレッチも。

なんか変顔も披露してましたよね、弾君。

あっという間の30分でした。

上垣内さん、お世話になりました。

柄本に会いにお越しくださった方、誠に有り難うございました。

また皆さまと近い距離でのイベント、計画しますね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

『白鳥の湖』初日。

お疲れさまでした!

平成のことになってしまいますが4月27日(土)、

『白鳥の湖』が終わったばかりの柄本弾です。

優雅で力強い踊りに加え細やかな演技が印象的でした。

ゴールデンウィークの前半3日間は『上野の森バレエホリデイ』といって

東京文化会館を舞台に、東京バレエ団の公演を中心に

バレエに関するたくさんのお楽しみ企画が開催されたのでした。

普段はチケットを持っている人だけが入れるホワイエも入場自由、

色んなブースが出展していておおにぎわい、

桜沢エリカも記念にパネル前で♡

さて初日の舞台袖に戻りましょう。

見に来てくださった某社の方たちとお話を、

ちらりと見えているブーティは最近お気に入りの

『Ballet Maniacs(バレエマニア』のものです。

楽屋訪問はしばらくぶりだった漫画家の桜沢エリカと。

とにかく華とオーラのある柄本ですので

今回も桜沢は目が釘付けだったそうです。

この素晴らしい写真はロットバルト役、同期の森川茉央さんとですね。

柄本はこの週末でロットバルトも2回踊りました。

今回もお花やプレゼントをいただき、感謝です。

見に来てくださった方にも深くお礼を申し上げます。

楽屋前でもう一枚、疲れてるのにごめんね。

オマケは川島麻実子さんと。

もう着替えましたって?

あれ~? 麻実子さん、キャスト表にはお名前なかったよね…?

このエントリーをはてなブックマークに追加