9月2日(土)は新宿 ビームスジャパン4Fへ!

ビームス ジャパン(新宿)で明日9/1より“BIG SACK”の展示販売が

開催されます。BIG SACKに7人のアーティストがメッセージを

手描きしているんです。ミック・イタヤも参加していますよ。

各アーティストが来場し、その場でメッセージを描くイベントもあります。

詳しくはこちらをご覧ください。(T)

開催期間:9/1~9/18

ミック・イタヤの来場日時:9月2日(土)14:00~16:00

このエントリーをはてなブックマークに追加

浅丘ルリ子さんからもエールが!

光文社「女性自身」今週号にこんなページが!

早速『スタアの時代』第4巻をチェックしてみると、第40話と41話で

浅丘ルリ子さんが登場しています。

本当にすごい美少女ですよね。

毎週読んでいたはずなのに忘れていることってありませんか。

単行本はまとめて読めるから嬉しいです。再発見があったりして。

桜沢エリカ『スタアの時代』第4巻 「東京ゴシップガール編第一幕」

絶賛発売中です。(T)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も、今日の由美さん。

今日は六本木に登場した吉元由美、

秋から始まるあるお仕事の打ち合わせです。

またご紹介しますね。

昨日は一日例の会議でお疲れでしたよね。

今日はこのあと会食があるとか、

体調くずさず頑張ってくださいね~☆

オマケ、キュート!

96年に単行本として出版されたあと、2000年に文庫化された小説、

吉元由美『「好き」(角川文庫)』のカバーに載っている写真です。

この恋愛小説、

彼を揺るぎなく好きであること、でも着地点が見えずもうやめようと思う心、

複雑な家族関係、相手の気持ちを知りつつ友人でい続ける男友達、

そして行きつく冒頭シーン…止まりませんよ、電子版でどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

25日発売!『スタアの時代 第4巻』。

『女性自身』(光文社)に連載された桜沢エリカの本格的“芸能界マンガ”

『スタアの時代』が第1巻~第3巻「追憶のワルツ編」に続き、

第4巻~第7巻「東京ゴシップガール編」として単行本になります。

“昭和の小悪魔”梶みつ子と彼女のスクープを狙う芸能記者たちの

物語です。

人物紹介では大活躍の記者3人の紹介がありますね。

昭和30年代から現代までの時代描写も興味深いです。

『スタアの時代④ 東京ゴシップガール編第一幕』

明日(8月25日)発売!

その後、下記の発売日で刊行されます。

9月25日発売 『スタアの時代⑤ 東京ゴシップガール編第二幕』

10月25日発売『スタアの時代⑥ 東京ゴシップガール編第三幕』

11月25日発売『スタアの時代⑦ 東京ゴシップガール編第四幕』

どうぞお楽しみに!(T)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の由美さん。

今朝吉元由美が登場したのは

“民放連”こと『一般社団法人 日本民間放送連盟』です。

それで何しに来たんでしょう?

はい、これですね、連盟賞の審査会がありまして、

吉元はテレビ教養番組、即ちドキュメンタリー部門の審査員を拝命しております。

さて、どんなドキュメンタリー番組が各賞に選ばれるのか、発表が待たれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加