大型新人が。

何かの書評で見てチェックしていた一冊、

逢崎遊『正しき地図の裏側より(集英社)』。

読み進めていくうちに予想する展開とは全く違うのですが

止められなかった。新人作家なのに深い。

彬子女王『赤と青のガウン(PHP文庫)』

彬子さまご学業を全うされ立派です。

言葉遣いも平易で丁寧で美しい。でもこれだけ

お父様を礼賛され、お母様に全く触れないのは…

あの三部作にすっかりやられてしまっていたけれど

こちらはより準備が早かったのに長年手元にあったという

アレン・エスケンス『あの夏が教えてくれたこと

(創元推理文庫)』。またやられました。何度も泣いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『シッポがともだち』から、あけみちゃん色々。

パンパカパーン!

あけみちゃん四態。

まもなくナデシコショップにこの4点を出品いたします!

桜沢エリカが1987年~2005年、

媒体を移ったりお休みしたりしながらも長く連載していた

『シッポがともだち』の、告知カットとして描いた

あけみちゃんが沢山出てきましたよ。今後出品予定なのは…

ふぅ、これだけは順次お店に出していこうと思います。

もし気になるあけみちゃんがいましたら

info-mail@nadeshico.co.jp

にご連絡くださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

知らなかった。

閉店する古書店でご自由にお持ちくださいという貼り紙、

初めて知った店で利用したことがなく、

申し訳ないやら有り難いやらの気持ちで数冊を。

そのうちの一冊が新潮社の中山義秀集でした。

こんなラインナップの作品集だったんですが

いやいや、中山義秀、好きですが時代物専門かと思ってた。

昭和13年上期芥川賞の『厚物咲』とか『散りゆく花の末に』とか

暗くて面白くて凄い迫力。掘り出し物でした。

面白くないわけがない黒川博行『悪逆(朝日新聞出版)』。

吉川英治文学賞おめでとうございます。

クールな犯人側といつもの軽妙な大阪弁の警察の方たちとの

頭脳と根性合戦、サイコーでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

情感たっぷりのSWAN LAKE。

ゴールデンウィーク、4公演が開催された

東京バレエ団、ブルメイステル版『白鳥の湖』全幕

柄本弾は3公演でロットバルト、千秋楽にジークフリートと

獅子奮迅の活躍でした。

もったいをつけずに言いますが

榊優美枝さんとのドラマ、まぁ本当に涙誘うし

うっとりするし、プラス弾君の演技に笑っちゃう

シーンもありで片時も目が離せず!

公演パンフレットより。

いや皆さま、事前に弾君から期待しててください、とは

聞いていたんです、珍しいことに。それがあんなに

美しい芸術でエンターテインメントに仕上がったんですね。

桜沢エリカは弾君のロットバルトも見なくちゃと

2回見てましたよ。

で、悪い弾君凄く良かったと満足そうでした。

弾君から貰ったロットバルトバージョン。

この写真、なぜか宮川新大さんと王妃の奈良春夏さんも

みんなロットバルトの手下のワルモノに見える(笑)。

こちらは騙されたはずのオディールと一緒に(笑)。

終演後。

いや凄かったね弾君と声をかけると

穏やかで満足そうな表情でした。

榊優美枝さんとの舞台、また見たいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほぼ未知の分野。

ニエル・シルヴァ『亡者のゲーム(ハーパーBOOKS)』

イスラエルの大物スパイが主人公のシリーズなんですが

なんせその方面と言えばドラマ『NCIS』の

ジヴァしか知らない。ちょっと踏み入れてみます。

続いて『英国のスパイ』

イギリスのスパイと言えばボンドとか、映画でも

いかにもイギリス紳士がやってますがこちらは違った、

あくまでもユダヤ人が主人公ですよ。まだ読んでみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加