分厚さの価値あり。

ジョン=クリストフ・グランジェ『死者の国(早川書房)』

本の厚さに、読み通せるのか?と不安が胸をよぎりましたがなんの。

そして最後のあっと驚く真実…

このエントリーをはてなブックマークに追加

タランティーノとくれば。

わかり易いスター二人ってどうなのかと思いながらも

タランティーノ監督作品ときたら見ないわけにもいかず

有り難く『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

結果、ブラピさまの方が100倍カッコいいかも♡

徳田秋声『あらくれ(講談社文芸文庫)』

巻末に丁寧な年譜が載っていたので先に見てから読んでると

なんだかこの落ち着きのなさが文体というかストーリーにも出てる。

川端康成先生はこの方を絶賛されていたそうですが…

鋭くて深い感じがする橋本治『黄金夜界(中央公論新社)』。

まだまだ読みたかったです、というかこれからも読みます。

安らかにお眠りください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

孤独との相性。

マイケル・フィンケル『ある世捨て人の物語(河出書房新社)』

29年間、日本兵としてジャングルで戦い続けた小野田さんとは違って

ひとづきあいが苦手なこの方は近くの別荘から物色したもので27年間、

『彼なりの』快適な暮らしをしていたのですね…。意思の強い方です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミステリーじゃなかった…

横溝先生風を期待して買ったらそうじゃなかった

櫛木理宇『鵜頭川村事件(文藝春秋)』

舞台は昭和の最後あたりの、小さな村落でもなく、都会でもなく…

描写は丁寧なんですがなかなか入りこめませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

残暑の映画鑑賞&読書。

美しくてはかなげで、でも芯の強さも感じられる筒井真理子さまの

横顔の写真にひかれ『よこがお』

今どきな事情も含みながら日本映画にありがちな暗さに寄り過ぎない

バランスでした。 しかし真理子さまの年齢を知って茫然…

『カーライル ニューヨークが愛したホテル』

誰だかわからないけど凄そう!という難易度のセレブがごっそり。

ウェス・アンダーソン監督があの大好きな『グランド・ブタペスト・ホテル』で

ここのバーにインスピレーションを得たとか、それだけで特別感ありです。

堂場瞬一『チーム(実業之日本社文庫)』。

ノンストップでお正月気分に浸れた箱根駅伝ものです。

え?これ続編もあるんですか?読まないと…!

旧東ドイツもの、デイヴィッド・ヤング『影の子(早川書房)』。

バブル時代に向かって日本人がバリバリ働いていた70年代、

東ドイツではこんなことが…

このエントリーをはてなブックマークに追加