あのトップモデルが。

シュヴァルの理想宮』

根性ないクセにこんな『恩讐の彼方に』的なの好きなんですよね。

それにしても妻役のレティシア・カスタさま。

ヴィクトリア・シークレットのカタログのお姿をうっとり拝んでおりましたのに…!

近藤雄生『吃音・伝えられないもどかしさ(新潮社)』。

既に売れているようですがさらに多くの方に読まれますように。

しかし新人看護師の自殺の件、腹がたつ~!

予想通りほぼノンストップ読書に、

ジェフリー・アーチャー『運命のコイン(新潮文庫)』。

しかしやりきれない結末!

現代でも祖国に裏切られることって、あるんですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始の本と映画。

トレヴェニアン『シブミ(ハヤカワ文庫)』再読。

やっぱり最高ですねこの作品は。翻訳の方のセンスもいいんだと思います。

とにかく色んな記述や情景にいちいちシビれます、79年作でも色褪せない。

この本はまた何年後かに読むだろうし…

彼のほかの作品も改めてチェック!

生田耕作『ダンディズム・栄光と悲惨(中公文庫)』。

イギリス人の言わば成りあがりの伊達者、

ボー・ブランメル(1778-1840)さんの記述が多いのですが

どうも気持ちが入らなかった…

高橋ユキ『つけびの村(晶文社)』。

あの不気味な貼り紙があの犯罪の予告じゃなかったことに驚き。

でも文章があまり整っていないところがあって…

麻生和子『父 吉田茂(新潮文庫)』。

夫人の亡き後新橋から上がって身の周りの世話をし彼の死を見届け、

その後もマスコミには全く語らなかった小りんさん、

吉田茂を追って焼身自殺をした元秘書… 皆さんすご過ぎる。

スペインで各賞を総ナメの『だれもが愛しいチャンピオン』

オーディションに受かった 素人の障害者たちがが準主役の映画、

こんなに笑っていいのかしら…♡

主人公の実家の寝室の壁紙に目が釘付けに!

このエントリーをはてなブックマークに追加

期待を裏切らず。

『カササギ殺人事件』と一緒に買っていた

アンソニー・ホロヴィッツ『メインテーマは殺人(創元推理文庫)』

なんだこれは!?な前作に続き堪能しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『恋のバカンス』。

ロシアのイメージがすっかり変った『私の小さなお葬式』。

で、『恋のバカンス』がガンガン流れるの、なんで?と思ったら

日本で発売のあと、あちらでもロシア版が出て大ヒットしたようです。

不思議な感覚…。

皆さん味わい深いんですが何と言ってもこのアリーサ・フレインドリフさん。

京唄子と淡路恵子が入ってて目が釘つけに。

あちらの名優であり、監督のおばあちゃんだそうです♪

家、お店、オフィス… 色んなインテリアも楽しめました。

本屋に行くたびずーっと推し本になっているので根負け、

アンソニー・ホロヴィッツ『カササギ殺人事件(創元推理文庫)』、凄い!

イギリスの戦後あたりの地方のお屋敷事情や現代の出版業界の様子も窺えるし

何よりこの構想力に脱帽です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

基本のき。

この方とか松本清張って、何度でも読み返せますね、

アガサ・クリスティ『葬儀を終えて(早川書房)』。

1950年ごろの、お高くとまったイギリス人がベルギー人のポアロを

小馬鹿にしてる風なのが面白い。まさかあの人が犯人だったとは。

このエントリーをはてなブックマークに追加