ずっとデンマークにおります。

このシリーズを続けて読んでいるので少々中だるみかもですが

それでも面白いユッシ・エズラ・オールスン『特捜部Q 

知り過すぎたマルコ(早川書房)』。

今回はちょっとジェフリー・アーチャーが入っているかも。

続いて『吊るされた少女』。

謎解きと並行してメインキャストたちの抱える個人的事情や

前提として横たわる事件が気になるんです。

デンマーク、すっかり身近なお国です。行ったことないけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

特捜部Q漬けは続く。

どうかするとこの特捜部があるデンマーク警察に務めてる気になってる

ユッシ・エズラ・オールスン『特捜部Q』シリーズの3&4弾、

『Pからのメッセージ』と『カルテ番号64』。

社会問題への切りこみ方や謎解きもいいんですが

大前提で、登場人物が持ってる謎や屈託や悩みやユーモアセンスが

魅力的過ぎて。 この特集記事によると今夏また最新作が出るみたい、

残りの3作も順に読んでいきます。

映画は『キング・オブ・シーブズ』。

渋くて癖のある、時にはイヤな感じで生々しかったり弱々しい

おじさんたちによる強盗、これ実話なんですか?

ティルダ・スウィントンさまを拝みに

どん底作家の人生に幸あれ!』。

しまったチャールズ・ディケンズ全く読んでないかも、浅学。

キャストに戸惑いましたがこれも世の流れなのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハマリ中!

第一作を読んでみたらやめられなくなったシリーズ、

ユッシ・エーズラ・オールスン『特捜部Q』。

デンマーク人がノルウェー人のことをこう言ってるのか、というおかしみ、

北欧の作品にも日本の製品が出てくるのが凄いし嬉しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あちこちで称賛なのがわかった。

書店の閉店数が減り、雑誌にも読書の特集が組まれていて

コロナのもとでは少しは良いニュースなのでは。

で、ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ(早川書房)

あちこちで絶賛なのがわかります、透明感のある犯罪&自然小説!

全く透明じゃないけどご自分に正直な気がする

宇都宮直子『三國連太郎、彷徨う魂へ(文藝春秋)

大地喜和子ファンとしてはそのことをもっと知りたかったですが

明らかにできるのはさらに後世のことですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

順序が逆でしたが…

この作品を基にした推理小説を読んでいたものの、本家がまだだった

ジェイン・オースティン『高慢と偏見(ちくま文庫)』。

デュ・モーリアやケイト・モートン好きとしてはたまりまへん。

他の作品も読みたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加