前作は見ていないけれど。

1986年に公開された最初の作品は見ていないのですが

それでもどっぷり楽しめた『トップガン マーヴェリック』。

撮影の技術については全くわからないのですが役者さんたち、

スタッフの方たちが命かけている迫力が伝わってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

図書館にある!

色んな本屋で探したけれど在庫ナシばかりだった

津村節子『菊日和(講談社)』を図書館で見つけました!

その手がありましたね、これから使いましょう。

自然で美しい文体に引き込まれます。

ジュリー・K・ブラウン『ジェフリー・エプスタイン

億万長者の顔をした怪物(ハーパーBOOKS)』。

どこぞの国の王子や政治家も巻き込んで大変な騒ぎでしたが

本当に自殺なのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

japanese-swedishのイイ男。

前作があったの知らなかった『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』。

ライアン・レイノルズって本当おかしい。キモは“シートベルト”ですね。

下品で強烈ですがそれでよければ是非、笑えます。

しかしアントニオ・バンデラスはゴージャス過ぎる。

そして、お、カッコいい日本人?と思ったのが

このクリストファー・カミヤス。

劇中では日本人設定ですが

パパが日本人、ママがスウェーデン人みたいです。

本はここのところ読み続けていたグレイマンシリーズで

最新刊まで追いつきました!

マーク・グリーニー『暗殺者の悔恨』はグレイマンが語る文体。

続く『暗殺者の献身』では再びゾーヤが出てくるわ、

好きな街ベルリンが舞台だわで盛り上がりました。

そして最後のエピソードにゾクッ!

こりゃまだ目が離せません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

グレイマンは続く。

クールな殺し屋だと思ってたグレイマンですが

段々人間味が出てきて親しみも湧いてきました。

マーク・グリーニー『暗殺者の潜入』『暗殺者の追跡(早川書房)』。

絶対絶命!な場面からのどんでん返しが爽快、暴力的ですが…

周辺のCIA幹部の意外に愛すべき?キャラクターもわかってきて

あと2作品、頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひたすらグレイマン。

ほかの本にも行きたいんですが

積んであるので片付けようと読んでしまうグレイマンシリーズ、

マーク・クリーニー『暗殺者の飛躍(早川書房)』

今回は東西のマフィアやCIAが乱れ討ち、容赦なしです。

このエントリーをはてなブックマークに追加