特殊技能。

スティーヴ・ハミルトン『解錠師(早川書房)』。

ゆっくり読んでみても理解できなかった鍵の開け方ですが

主役は重~い過去を背負った口のきけない美少年、

最後は少し将来が見えて良かったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

気が引き締まります。

吉村昭『羆嵐(新潮文庫)』

いやー、もう何ていいますか、これからの時代には出会えないような

端正で簡潔で無駄なく力強く味わい深い文章。

ほれぼれします…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パピヨン今昔。

40数年ぶりにリメイクされた『パピヨン』。

このタイトルの書体、いいなー、って思ってたら元祖版に合わせたのね。

はい、日本では74年に公開されたのがこちらです。

これを見たときは小学生だったんですが

なんだかこっちの方が迫力があったような…

そしてたまたま見た『NHKスペシャル』に圧倒され思わず買ったのが

宮下洋一『安楽死を遂げた日本人(小学館)』。

他人さまの死生観をとやかく言いませんが

相当の意思と達観と支え残される家族たちの気持ちと…

ロバート・クレイス『指名手配(創元推理文庫)』。

この方のたくさんの作品を系統だって理解していないのですが

どれを読んでも面白い。

あんな事情だったのね!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

邦題どうなのか問題。

早めの夏休みを貰い、いざ本を持って機上のひとに。

今や安定の北欧ミステリ、ヨハン・テリオン『黄昏に眠る秋(早川書房)』、

この邦題どうなんですか?

しかしまさかあの人物があんなことをする人だったとは…!

仙頭寿顕『『諸君!』のための弁明(草思社)』。

石井英夫さんのファンとして、巻頭コラム『紳士と淑女』に

唸ったりクスッとしたりしていたので思わず。

著者の半生記みたいですがB社社内の事情が垣間見られました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

喜代子さま&ペネロペさま。

やっぱり村田喜代子先生ってすごい!『飛族(文藝春秋)』

南のある小さな島にたった二人で暮らす老女と、訪ねてきた娘。

アジサシの姿になって様子を見にくる亡父。

力強く哀しいファンタジーで現実、素っ気なく見える母娘の愛情と防衛と。

ペネロペ・クルスさまを拝みに『誰もがそれを知っている』。

ペネロペのお母さん役の方の存在感が大きくなってきて…

夫役は『瞳の奥の秘密』のリカルド・ダリンさんじゃないですか。

家族が多いので人物相関図を頭に描きながらどうぞ!

篠田節子『鏡の背面(集英社)』

今年の吉川英治文学賞だそうです。

長編でも読ませるし、なりすましのストーリーが面白いのですが

そのあとすぐに村田喜代子先生の作品を読んじゃって…

このエントリーをはてなブックマークに追加