ずっと見てきた。

山本巧次『阪堺電車177号の追憶(ハヤカワ文庫)』

大阪の街を85年間見てきた路面電車が語り出す

昭和8年から平成29年の思い出…

柔らかい大阪弁とええ話満載で楽しませて貰いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連休の二冊。

世の中ほどは休めなかった連休はこの2冊、まずは

浅見雅男『大正天皇婚約解消事件(角川ソフィア文庫)』。

大正の陛下も明治の陛下も側室の方が生母、

現代はそういうわけにもいかず悠仁さまにご負担が…

もう一冊は桐野夏生『とめどなく囁く(幻冬舎)』。

まぁこの方の描く女性たちのむきだしの強さ。

“怯えつつも、何かを期待していた自分の心の正体は何か。”

シビれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼に金棒、名作に名訳。

少し前にご本人の自伝的作品を読んでこんなひとがいたのか!と感心、

早速本屋で行きあったのでこちらも、

ジャック・ロンドン『白い牙(新潮文庫)』。 昭和30年代の

白石佑光さんという方の翻訳。 どっちも力強く美しいです!

ボストン・テラン『音もなく少女は(文春文庫)』

えーん、容赦ないしやりきれないけどカッコイイというか。

銀座の山口洋子さんのクラブにいらしたというから

ついこの間のできごと、北迫薫『夜間飛行(新潮社)』

九州の裕福な家庭に育ったのになぜ?

“ホステス”ではなく“女給”だという矜持の、太く短く生きた女性です。

グレン・クローズさまのご尊顔を拝みに『ねじれた家』

アガサ・クリスティ原作の映画、つい見てしまいますが…

キングスイングリッシュにはいつもうっとりだし

お屋敷も素敵だし、それなりに楽しませていただきました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

前作ほどは…

数年前『サクリファイス』『エデン』と読んでとっても良かったのに

今作はなぜかそんなにのめり込めなかった

近藤史恵『スティグマータ(新潮文庫)』。

でも独特の“匂い”は好きです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳お願いしまーす。

アレン・エスケンス『償いの雪が降る(創元推理文庫)』。

あれー、こんな名作が。まだ書いていらっしゃるようですので

関係者の方は翻訳出版をお願いします。

“食べ残しのブロッコリーに向けるほどの熱意(抄)”とか笑えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加