食レポ得意かも?

バイヨンヌの中心街を南北に流れるニーヴ川、

川沿いに並ぶ高過ぎない建物が素敵ですよね。

旅するフランス語』の舞台は前々回からバスク地方に移動していまして

弾君が『ボレロ』を作曲したモーリス・ラヴェルの生家に行ったのが

ビスケー湾に面した赤い矢印のサン・ジャン・ド・リュズ、

緑が今朝再放送があったバイヨンヌです。

え?トゥールーズとの関係はって?

地図は2点ともグーグルから。

はい、トゥールーズから真西の方向ですね。

日本から遠くここまで来ましたか…

こうやってみると本当にスペイン国境に近いことがわかります。

先週の木曜日と今朝の放送ではいわゆる“バイヨンヌで食い倒れ”(笑)。

覚えておきたいのが Ju peux goûter?味見してもいいですか?、です。

早速弾君、ニーヴ川沿いの中央市場のチーズ屋さんで

このフレーズを使いました。

あ、また食べてる。

ティノさんと次に向かったのが…

Aubard』 という生ハムで人気のお店です。

ハムはもちろん、お惣菜も売っていてお客様がひっきりなし。

店の奥には資料室のようなスペースもあり、

バイヨンヌ特有の美味しいハムができるキントア豚についても教えて貰いました。

しかし三代目店主のヘンドリックさん、184㎝の弾君と並んでこの大きさ。

おお!

あの水色のユニフォームはもしやスタッドゥトゥールーザン?

そう、かつてはラグビーの選手だったようです。

そして ここでも弾君、ムッシュウに例のフレーズを(笑)。

ところでお店の前にわらわらと人が集まってきました。

こんな二人をムービーやスチールで撮影していたので

何してんだあのジャポネ達?って感じでしょうか。お騒がせしました。

弾君の変顔はテキストでどうぞ。

食い倒れツアー、次へ参りましょう。

弾君がテキスト用に三宅カメラマンに撮って貰っていますが

何持ってるの?

わーい、ショコラ・ムスー♡

これ飲み物ですね?飲みたかったー!

創業1854年の『Cazenave』というチョコレート店ですが

フランスのチョコの歴史はバスクで始まったって知らなかった…!

まだまわりますよ、さっきのチョコレート店の工房にお邪魔して

衛生面に気をつけたいでたちで

弾君たちはチョコレート作りを体験していましたが

こちらはガラスの外から。ひたすら美味しそう…(涙)。

神!女神!

上の写真で手前にいたキュートな女子が

熱い視線を感じて?できたてのショコラを持ってきてくれました。

いい子過ぎる…(涙)。そいで美味しいし。

最後は、『ちょっと食べ過ぎたかも…』というティノさんに

お腹にきく運動をアドバイス。

このコーナー、ティノさんにちょっと笑えますよね、スミマセン。

ロケの合い間に自分で作った虎の巻で勉強。 しかし『ハムの味の強さが

どーんとくる』、『肉のうま味が感じられる』だの『日本のチョコより風味が強い』、

クルッとと回って『セ・ボン!』だの、弾君、色々上手に表現していました。

食べ物のレポートに向いているかも!ダンサーですが…(笑)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒヤコの晴れ姿。

2月17日(84日目)ヒヤコの晴れ姿です。

まだ蕾がいくつかありますが満開を待っていると、先の花が萎れてしまうので

晴れ姿にしました。なかなかタイミングが難しいです。

そして、たぶん10年目にして初めてのシンスケとヒヤコのツーショットです。

ふたつの花が咲き揃うタイミングも難しいんです。

何かお話しているみたいですね。

今年もヒヤシンスの水栽培をご覧いただきありがとうございました。

10代目シンスケ(マンハッタン)、10代目ヒヤコ(スプリングビューティ)

でした。小ぶりの球根でしたが可愛らしく咲いてくれました。(T)

このエントリーをはてなブックマークに追加

目が離せなかった♪

ナイブズ・アウト』。 片時も目が離せなかったー!

役者が揃って、一見ご立派な一族に007出身のなりきり探偵、

ユーモアもしっかり、あー、面白かった、というシンプルな感想です。

公式ツイッター情報によると続編もあるとか、これは楽しみ過ぎる!

望月諒子『蟻の棲み家(新潮社)』

格差社会を描いた映画が話題ですがこちらも。

気分が悪くなりそうなのに何故かぐいぐい読ませます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

さよならトゥールーズ♪

NHKEテレ『旅するフランス語』はあとひと月半を残すのみとなり、

舞台はすでにトゥールーズからバスク地方に移っていますが

ここでは弾君が写っていない、美しいトゥールーズの街を

腕の悪い写真ですがご紹介したいと思います。

まず仕事じゃなかったら乗りたかった、

トゥールーズの中心キャピトル広場に留まっていた観光ミニ列車♡

この街の象徴、れんが色の建物と白い車体のコントラストよ♪

ホテルの窓から見た朝焼けのトゥールーズ。

上から見てもれんが色です。

キャピトル広場近くの小さな通り。

電柱&電線がないって本当にすっきりしていますね。

歴史を感じる建物ばかり。

標識は上がフランス語、下がオック語だそうです。

トゥールーズの台所、ヴィクトル・ユゴー市場。

1階が市場、2階がレストランになっています。

この市場でのショッピングカートコレクションはこちらでご覧ください

キャピトル劇場です。

郊外にあるキャピトル・バレエのスタジオも弾君、訪問しましたね。

その時の振り返りはこちらからどうぞ

ヴィクトル・ユゴー市場だけではなく青空市場も賑わっていました。

集中レジのスーパーも便利ですが

こうやって対面で買い物するのも楽しいですよね。

トゥールーズはパステル染料の交易で栄えた街でもありました。

そういうわけでれんが色とともにパステルブルーも

あちらこちらで街に彩りを添えていました。

この扉も素敵です。

さらに人々の生活の一部ミディ運河。

係留した底の浅い船“ペニッシュ”で暮らしている方も多く、

弾君たちも訪問しましたよね。こちらです

またエアバスの本社も擁するトゥールーズ、

時折り空を見上げると青空に飛行機雲が何本も。

こういう風に電線がないと飛行機雲さえ美しく感じます…

以上簡単ですがトゥールーズの街の振り返りでした。

お名残りは尽きませんが、いつか再訪する日までAu revoir!

ティノさんと弾君のこの自然な写真、いいですよね♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

待望のうどん!だけど…

去年、ナデシコプロから近いミッドタウン六本木にできた

伊吹うどん』、とーっても美味しいんですが…

去年の高松ロケで本場のうどんの値段を知ってしまったので

ちょっと高い。 もうちょい安かったら尚嬉しいのに。

このエントリーをはてなブックマークに追加