ロミオとジュリエット♡

ゴールデンウィークの幕開けは

東京バレエ団初演、ジョン・クランコ版『ロミオとジュリエット』で♡

3組のキャストで3公演という贅沢な舞台、

弾君は初演初日の主演という重責を担っての登場です。

そして毎年この期間は『上野の森バレエホリデイ』。

バレエ団の垣根を越えてたくさんのダンサーさんが参加、

関連ショップやイベントも盛りだくさんで、バレエ好きには

待ってましたのお祭りではないでしょうか。

そしてロミジュリ!

もうね、沖香菜子さんと弾君の悲恋がつら過ぎて涙。

美しくて可憐な沖さん、表現力豊かな弾君、

ふたり、いえ皆さんの踊りも素晴らしくて感激。

柄本弾のインスタグラムより。

左からモンタギュー家のベンヴォーリオの樋口祐輝さん、弾君、

斎藤友佳理芸術監督、マキューシオの宮川新大さん。

皆さんとってもいい表情だし、弾君、まだロミオが抜けていません。

お疲れさまでした!

ほんっとに良かった、優雅で熱くて甘くて。

この弾君、まだロミオですよね。

すごい踊ったよね、ゆっくり休めますように。

会場は満席、

弾君の応援団としてもたくさんの方にお越しいただきました。

芦田多恵さんのインスタグラムより、藤原紀香さん、

イソン・カワダさん、大平修藏さんもありがとうございます。

さて忘れ難き舞台から一夜明けた日は

弾君は元英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団プリンシパルの

佐久間奈緒さん、厚地康雄さんご夫婦とのトークイベントに。

3人で語る3つの版のロミジュリ話、興味深かった~

オマケ、なんと桜沢エリカは3日とも通いました!

写真は2日めの終演後、偶然お会いした

東京バレエ団OBの高岸直樹さんと。

エリカ先生の2日めまでの感想は是非アメブロで!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ