読書が進みました。

この週末は食料品の買い出し以外の外出を控えたので

読書に精を出しましてまずは!

長谷川伸『日本敵討ち異相(国書刊行会)』。

これは上質でたまりません、読み返していきたいです。

長月天音『ほどなく、お別れです(小学館)』。

シリーズ一冊目は知りませんでしたが

この二冊めからでも楽しめます。

三浦しをん『私が語りはじめた彼は(新潮文庫)』。

しをんさんは色々な芸風?をお持ちですが

こういうシリアスなものは恐ろしいほどいいです。

なぜこんなのが書けるのか理解できない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ