鬼に金棒、名作に名訳。

少し前にご本人の自伝的作品を読んでこんなひとがいたのか!と感心、

早速本屋で行きあったのでこちらも、

ジャック・ロンドン『白い牙(新潮文庫)』。 昭和30年代の

白石佑光さんという方の翻訳。 どっちも力強く美しいです!

ボストン・テラン『音もなく少女は(文春文庫)』

えーん、容赦ないしやりきれないけどカッコイイというか。

銀座の山口洋子さんのクラブにいらしたというから

ついこの間のできごと、北迫薫『夜間飛行(新潮社)』

九州の裕福な家庭に育ったのになぜ?

“ホステス”ではなく“女給”だという矜持の、太く短く生きた女性です。

グレン・クローズさまのご尊顔を拝みに『ねじれた家』

アガサ・クリスティ原作の映画、つい見てしまいますが…

キングスイングリッシュにはいつもうっとりだし

お屋敷も素敵だし、それなりに楽しませていただきました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ