「豚の膀胱」!どうするの?

光文社「女性自身」に連載中の桜沢エリカ『スタアの時代』132話。

昭和36年、佐々木忠次青年に大きな出会いが訪れます。

“豚の膀胱”を用意してくれとパリ・オペラ座から来た美術監督に言われたんです。

いったい何に使うんでしょうか?本誌で是非見てくださいね。(T)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ