だから読書はやめられない。

読み終わるのが惜しくて少しずつ進めていたのにとうとう

木内昇『球道恋々(新潮社)』、終わってしまいました。

『櫛挽道守』路線かと思って手に取ったら見事に裏切られ。

素晴らしいです、昇さま♡

冒頭から落涙寸前、ロバート・クレイス『容疑者(創元推理文庫)』。

警察犬のストーリーってずるいですよね、

そして解説が北上次郎さんだったのが得した気分、

というか実際得しました。 え?このシリーズ続くの?マストバイです。

ノア・ホーリー『晩夏の墜落(早川書房)』

いやー、ノンストップ!って思ったら人気ドラマの脚本家だそうで、

BONES』ならたまに見てますよ~♡ しかしこうやって

アメリカの最先端?なミステリーがすぐ読めるなんて幸せな国です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ