『放蕩王、パリをゆく』

DSC_1661

鹿島茂 『蕩尽王、パリをゆく(新潮選書)』。

以前日経新聞で連載していた瀬戸内寂聴さんの『人間まんだら』で知り

気になっていたバロン薩摩こと薩摩治郎八さん。

大活躍の青年期より徳島での晩年に味がありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ