角田光代さんの『曽根崎心中』。

DSC_1581

昨年読んだ近松門左衛門の原作、梶芽衣子の映画を思い出しながら

先週読んだのは 角田光代『曽根崎心中(リトルモア)』。

“今度会えたらこれを訊こう、あれを話そうと初は算段していたのだが、

いざ顔を合わせてみると、何も言うことが思い浮かばない。” …きゃあ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ