東京はオール・ベジャールで!

3日(土)午後の東京文化会館。

東京バレエ団『HOPE JAPAN 2021』全国ツアーがスタートです。

東日本大震災のあと『HOPE JAPAN』としてチャリティ・ガラと

被災地での公演を行ったギエムさんの意思を継ぎ、

同じタイトルが付けられたとか。素晴らしいですね。

今回東京での演目はすべてモーリス・ベジャールの振付作品で

他の都市では『舞楽』と『ロミジュリ』の代わりに

プティパの『パキータ』が披露されます。

さて2日とも見逃せない役を踊る弾君の応援に

もちろん桜沢エリカも参上。

初日はざっくりと涼し気な小千谷縮と羅の帯で。

この日柄本弾は『ギリシャの踊り』のソロを踊りました。

パンフレット掲載のリハーサル写真より(Shoko Matsuhashi)。

いやー、もうね、いいもの見せていただきましたよ。

優しくて甘くて力強くて、夢見心地の時間でした。

エリカ先生と、弾君のソロを絶賛しながら帰宅。

一夜明けて2日目の弾君の『ボレロ』も見逃さないわよ~と先生。

桜沢エリカの鑑賞記はアメブロでお読みくださいね。

相変わらず笑えるし納得するしで楽しめますw

そして2日めのボレロのあとの弾君、お疲れさまでした!

昨日と今日、全く違うタイプの主役をよくつとめました。

さて月曜日も練習して火曜日は大阪に移動&本番、

身体に気をつけて頑張ってね!

最後は公式写真より、カーテンコールの様子(Shoko Matsuhashi)。

気づいたらほとんどの方が立ってらした気がする。

ご声援(じゃなくて拍手だけですね)ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ