昭和30年代の事件&小説。

昭和30年代はじめ、

のちに日産自動車に合併された『プリンス自動車』のPR誌で

連載されていたという小沼丹『不思議なシマ氏(幻戯書房)』

作家生誕100年を記念して昨年出版された書籍だそうです。

出版元の幻戯書房は尊敬する辺見じゅんさんが設立されたという

いちファンにとっては嬉しいご縁も。

この先生の作品は二冊目か三冊目ですが

上品なのに底知れないのがつかみきれなくて魅力的!

昭和38年の事件だったんですね、本田靖春『誘拐(ちくま文庫)』

無駄のない文章を追っていると50数年前の関係者たちが

今そこで動いているようで…  しかし貧困と小卒という経歴でも

獄中からの端正な文章や短歌… すごいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ