美しい“絵空事”。

再読、ロバート・ゴダード『一瞬の光のなかで(扶桑社)』

リ・インカネーションという言葉で松任谷由美さんの同タイトルの歌が

頭に鳴り響き… 幻想なのか、解説者が書いてらしたように

絵空事というべきか… ちょっと疲れました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ