難攻不落のマネージャーが。

桜沢エリカ『スタアの時代』135話、

舞台は1966年のパリ、モーリス・ベジャール率いる二十世紀バレエ団の

すげない態度のマネージャー、アンヌ・ロッツィ女史に

何度も来日公演の交渉をする若き日の佐々木忠次青年です。

結果は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ