先生の仕事納め。

昨日桜沢はK社の方と打ち合わせを兼ねてお食事でした。

妄想も含め楽しいお話も出て、良いひとときとなりました。

さて先生はこれにて今年のお仕事は終わりです。

思えば今年も色々な方にお世話になりました。

1月は『クロワッサン(マガジンハウス)』に着物姿で登場、

この他も色々な雑誌で取材を受けたりイラストや漫画を描いたり。

テレビは3月に『たけしのニッポンのミカタ!(テレビ東京)』と

続いて『結婚したら人生激変!○○の妻たち(TBSテレビ)』に

出演させていただきました。

企業のキャンペーンもお手伝いさせていただきましたよ。

また得意の“バレエ漫談”がウケて?

いくつかのバレエ映画の試写イベントにお邪魔しました。

手前は音楽&舞踊ライターの小田島久恵さんですね。

バレエと言えば先生のバレエ愛は止まらず、

アメーバオフィシャルブログの最新記事では

東京バレエ団の『ベジャール版くるみ割り人形』と

Kバレエのそれについて連続して熱く語っています。

バレエつながりで10月には祥伝社から『バレエ・リュス』が出版に。

この漫画はNBSのバレエ公演会場にも並んでいて感謝です。

そして『女性自身(光文社)』での連載が続いている『スタアの時代』も

現在7巻まで出していただいています。

11月には初と言っていい規模の原画展も!

全国から読者の方が桜沢に会いに、作品を見に来てくださり

本人も感激でした♡

このスカート、アライアかな?先生が愛するアライアさん、亡くなりましたね…

越年のイベントとしては

宮城の石ノ森章太郎ふるさと記念館での原画展示!

桜沢はこちらに1月末にお邪魔する予定です。

詳細が決まりましたらお知らせしますね。

まだまだ書き切れませんがこのあたりで、

『スタアの時代』は先日より新章がスタート、世界一流のオペラやバレエ公演を

日本で行った佐々木忠次さんの評伝を漫画化しています。

こちらも引き続きお楽しみに!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ