安定の二冊。

浅田次郎『おもかげ(毎日新聞出版)』。

いやー、そうなってたんですか。

そしてラストの解釈をどなたか読んだ方と語り合いたいです。

柚月裕子『盤上の向日葵(中央公論新社)』

読んでいくうちに現代版『砂の器』なのではと勝手に推測するも…

ずいぶん前に読んだ『真剣師小池重明』を思い出しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ