みつ子をモデルに連載小説。

女性自身」(光文社)に連載中の桜沢エリカ『スタアの時代』103話。

今週は梶みつ子と純文学の巨匠・西端先生の取材をする市松さんが大活躍!

市松さんが頼もしくなってきましたね。

思わず「ヤッター!!」と叫びたくなりました。(T)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ