地味な民芸の、華。

原田マハ『リーチ先生(集英社)』、リーチさんを父子で弟子だった

日本人の視点で描くという新しさ。 奥付けに知人の名をみつけたり、

伯母曰くナデシコ母方の実家には濱田庄司さんが何度かいらしてたらしいし、

普通の伝記フィクションよりずっと親近感を持って読みました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ