正月休みの友。

101228_0847~01

関ヶ原の合戦以降の徳川家康は偽者=影武者?

暗殺者の六郎、図らずも家康になりきる二郎三郎、両者人間味があり楽しめます、

隆慶一郎『影武者 徳川家康(新潮文庫)』。 帰省の供にします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ