アルモドバル製作。

終わる前に観なくちゃ!のアルモドバルがプロデューサーで入った

ダミアン・ジフロン監督『人生スイッチ』。

ふとした弾みでえげつなく転落?していく主人公たち、

悲劇なのに喜劇に思えるスゴ技、アルゼンチン映画です。

本はアレックス・グレシアン『刑事たちの三日間(創元推理文庫)』

19世紀終わりごろのロンドン・スコットランドヤードの刑事達。

同じ19世紀半ばのニューヨーーク市警を舞台にした小説の記述と比べると

やっぱり当時はイギリスの方が断然成熟していたようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ