着物でバレエ鑑賞。

週末の桜沢は紅花紬に梅の帯で新国立劇場のバレエ公演に。

梅の帯って今だけ締められるものですよね、

色合わせも含め季節感たっぷりです。

出し物は『ラ・バヤデール』全三幕、 プリンシパル小野絢子さんと

英国ロイヤル・バレエのプリンシパル・ムンタギロフさんのコンビでした。

ムンタギロフさんの伸びやかな踊り、素敵だったな~!

それにしてもウチの先生、

歌舞伎はともかくバレエにも着物って、いいですよね。

お茶のお稽古を始めてから再び着物に夢中な桜沢です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ