重いテーマですが。

月村了衛『土漠の花(幻冬舎)』。

あ、今年の本屋大賞にノミネートされてるんですね。

前作のしびれる『コルトM1851残月』からこの作品、

この方の作品はえげつなく人が死ぬのに何故か色気があって惹かれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ