九州弁のテンポ。

新国立劇場小劇場で『マニラ瑞穂記』

昔は今の日本の領土以外にも“日本”があったんですよね。

登場人物のうち数人が九州の言葉をしゃべるんですが

そのテンポや言葉使いがなんともチャーミングで!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ