自家用四輪馬車に乗って。

ヴィタ・サックヴィル・ウェスト『エドワーディアンズ(河出書房新社)』。

日本でいうと明治の終わりごろ、

英国エドワード朝時代の貴族の優雅で哀しい?暮らしがわかります。

冒頭と終わりに出て来る冒険家の存在がいい味出しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ