絶望的なんですが。

辻原登『冬の旅(集英社)』!

これでもか、これでもかというほど不幸の連鎖で

読んでて落ち込むんですが純粋さがあり救いが。

今年の勝手なベスト10に入りそうです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ