映画『カケラ』のお話。

1996年に集英社から出版された『LOVE VIBES』。

このあとは文庫本になったので貴重な単行本なんですが

背表紙のヤケなんかがひどくて、

でもこの表紙、パンチありますよね~。

主人公は左の麻子。昭次という、ずるずる付き合っている彼が

いるものの、ちょっとモヤモヤしてます。

そんな麻子に声を掛けてきたのが右のミカ。なかなか奔放です。

男の子も嫌いじゃないけどどっちかっていったら…って言ってますよ。

さてこの『LOVE VIBES』を原作に映画『カケラ(2009)』を

製作されたのが安藤モモ子監督。

安藤和津さん、奥田瑛二さんのご長女ですね。

ただいまGYAO!で7/4まで無料配信中だそうです、この機会に!

そしてですね、はい、

自由な感性で麻子を翻弄するミカの原画はいかがでしょうか。

桜沢がこの作品を連載中に描いた予告用カットを額装しています。

強さともろさを合わせ持った横顔です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ