『半・分解展』で。

19世紀フランス貴族の上着『アビ・ア・ラ・フランセーズ』を

何気なく羽織って似合う先生も凄いけど

こんな希少価値のある衣装を再現されている方も凄い。

先週先生とお邪魔したのは

渋谷で今日まで開催されている衣装標本家、長谷川彰良さんによる

半・分解展』。

さっきの服の後ろ姿。

フランス革命前から第二次世界大戦ごろまでの欧米の服を

文字通り半分分解して見せて解説してくれたり

今、着られるよう再現されたりしている珍しい展覧会です。

妹尾河童先生も真っ青の分解した服の解説図。

とにかく体験して親しめる貴重な機会でした。

こちらはイギリス軍のコート。

先生が羽織るとモードです。

会場でも売っていました。

とにかく何を着てもサマになる先生。

こちらはアメリカ軍の再現コート。

まぁじっくり見たり読んだり触ったり着たり、

先生もプチ興奮していました。

最終日までに行かれて良かった。

お疲れさまでした!

打ち合わせタイムは広々としたお店で。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ