嗚呼おどろいた。

久しぶりに国内作品で意表をつかれた

矢樹純『妻は忘れない(新潮部文庫)』。

女性の意識を淵からのぞきこんで、

なんだか新津きよみさんを読んだあとの感覚が。

花房観音『京都に女帝と呼ばれた作家がいた(西日本出版社)』。

確かに人気でしたね、山村美紗先生。

量産されていた作品の裏ではやはり身体を酷使。

しかし花房さんが現役のバスガイドさんというのが気になる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ