遅かったけど…

何度読んでも大泣きする『収容所から来た遺書』の作者、

としての認識しかなかった辺見じゅん『鶴の家(幻戯書房)』

えーん、教養と骨があるこんな方だったんですね。

今さらですがほかの作品も読もうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ