再読&『リプリー』?

何度目かの中野翠さま『ふとどき文学館(文藝春秋)』

石井英夫さん、山本夏彦翁などを勝手に文章の師と仰いでいますが

もしかすると女性ではこの方に色々影響受けてるかも。

三度目ぐらいですが今回も楽しみました。

きっぱりと決意みなぎるタイトルの

ピーター・スワンソン『そしてミランダを殺す(創元推理文庫)』。

解説でパトリシア・ハイスミスに通じる、と書いてましたが

確かに僅かにそうかも! でも独自性があって新しく面白かったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ