色々な立場から。

広野照海『ハンセン病療養所レクイエム(さんこう社)』

ハンセン病患者用の療養所内の精神病棟で長く働かれた著者、

看護日誌の丁寧な言葉遣いに慰められました。

現場、政治、文学、色々な立場で皆様が理解と制圧に尽力されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ