大平元首相、グレン・クローズ。

週末読み終えたのは辻井喬『茜色の空(文春文庫)

所属派閥の宏池会の名前の由来といい、

身体を張った外交といい、昔の政治家は教養と覚悟がありました。

映画はグレン・クローズ『アルバート氏の人生』

慎みのある、抑制された美しさがありましたが

悲しい結末にやるせなくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ