凄惨なお正月。

年末年始の読書はこの方=刑事ファビアン・リスクの三冊を集中的に、

ステファン・アーンヘム『顔のない男』『九つ目の墓』『零下18度の棺』

(いずれもハーパーBOOKS)。まぁ派手で凄惨なんですが止まらない。

まだ続くようですが作家さん、ちょっと休憩中でしょうか。

新潮社の文芸誌で気になって花房観音『果ての海』

てっきり福田和子的な作品だと思っていたら

ちょっと違うんですね、最後の展開には驚きました。

映画の1本目はロザムンド・パイクの『パーフェクト・ケア』。

まぁ感じ悪い女の、爽快なまでに憎々しい成功。

でも気をつけなはれ、落とし穴もあるのだ。

あぁ面白かった、『キングスマン ファースト・エージェント』。

大好きなイギリスのスパイもののシリーズのひとつで

かのキングスマン発祥のエピソードだ。深いです。

バレエ音楽も鳴り響き耳にも心地良かった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ