待ってましたの最新作。

007の最新作ときたら見なくちゃ、の『ノータイム・トゥー・ダイ』。

お約束のアクションもイギリス全開ぶりも

さばさばっとしたお色気も期待を裏切らず、

加えて能面や日本庭園など、今回は意外にも日本色が。

それもそのはず、キャリー・ジョージ・フクナガ監督には

日系人のお父様の血が♡

監督のインスタよりお借りしました、素敵です。

それでホントにダニエルクレイグさん、最後なんですか?

チャールズ皇太子と談笑するクレイグさん、

ピンクのジャケットがお似合いですね♡

ジョー・ピケットシリーズの最新作、

CJボックス『越境者(創元推理文庫)』。

スケールの大きい自然や動物や狩猟の話が根底のこのシリーズ、

とにかく想像力を働かせるのみ。

こちらも人気シリーズのダニエル・フリードマン

もう耳は貸さない(創元推理文庫)』。

市民派というか、左翼気味の思想もからんでいて面白かったです。

大作、日本に住まわれているデイヴィッド・ピース

TOKYO REDUX 下山迷宮(文藝春秋)』。

まさしく迷宮のような記述に、最後はドナルド・キーンさんを

思わせる人物も出てくるし… 参りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ