特捜部Q漬けは続く。

どうかするとこの特捜部があるデンマーク警察に務めてる気になってる

ユッシ・エズラ・オールスン『特捜部Q』シリーズの3&4弾、

『Pからのメッセージ』と『カルテ番号64』。

社会問題への切りこみ方や謎解きもいいんですが

大前提で、登場人物が持ってる謎や屈託や悩みやユーモアセンスが

魅力的過ぎて。 この特集記事によると今夏また最新作が出るみたい、

残りの3作も順に読んでいきます。

映画は『キング・オブ・シーブズ』。

渋くて癖のある、時にはイヤな感じで生々しかったり弱々しい

おじさんたちによる強盗、これ実話なんですか?

ティルダ・スウィントンさまを拝みに

どん底作家の人生に幸あれ!』。

しまったチャールズ・ディケンズ全く読んでないかも、浅学。

キャストに戸惑いましたがこれも世の流れなのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ