あちこちで称賛なのがわかった。

書店の閉店数が減り、雑誌にも読書の特集が組まれていて

コロナのもとでは少しは良いニュースなのでは。

で、ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ(早川書房)

あちこちで絶賛なのがわかります、透明感のある犯罪&自然小説!

全く透明じゃないけどご自分に正直な気がする

宇都宮直子『三國連太郎、彷徨う魂へ(文藝春秋)

大地喜和子ファンとしてはそのことをもっと知りたかったですが

明らかにできるのはさらに後世のことですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ