読書で海外へ。

カタリーナ・インゲルマン・スンドベリ

『犯罪は老人のたしなみ(創元推理文庫)』。

スウェーデンの老人ホームが舞台ですが

こんなところにお邪魔できるのも読書ならでは!

村井理子『兄の終い(CCCメディアハウス)』

少~し違和感を持ちつつ

共感できる部分も探して…

遺された息子さんの幸せを祈ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ