達成感あり!

コロナ自粛に入ってから少しずつ読んできた平川先生のすこぶるつきの名訳、

ボッカッチョ『デカメロン(河出文庫)』が終わってしまった…

700年前の紳士淑女は楽しい10日間を終えフィレンツエに帰りますが

私たちはまだまだ元の生活には戻れない。グスン。

柚月裕子『暴虎の牙(角川書店)』

初めて読んだ『孤狼の血』のような重い感動はありませんが

色々気になることがあり。どなたかと話したいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ