コレオグラフィックプロジェクト2020

8月から延期になっていた公演が先週末開催されました、

東京バレエ団『コレオグラフィックプロジェクト2020』。

ダンサー達が振付・創作に取り組む、2017年に始まった企画です。

柄本弾が出演したのは2作品で

まず木村和夫さん振付の『RISE』では…

コートをひるがえしながら苦悩と希望を踊り

お客様の目をくぎ付けに。

半年間公式公演がなかったギャップを一気に戻してくれました。

もう一作品出ますよ、岡崎準也さん振付『運命』。

こちらは前回のコレオグラフィックで見て

その運動量と熱量に圧倒されたんですが、

大きな舞台になった分その印象もひとしお。

終演後さっと着替えて出てきてくれました。

お疲れさまでしたー!

さぁ次は26日の『ドン・キホーテ』全幕です。

感染対策で席の間隔を取っての開催、ご来場くださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ