Le Boléro de Ravel.

旅するフランス語』は残り2ケ月!

よりスペインに近いバスク地方に移動、まずはリゾート地として人気の

サン=ジャン=ド=リュズを訪問しました。

こちらは三宅勝士カメラマンの撮影の様子。

この街にはエスパドリーユの専門店があちこちにあるのですが

そのひとつにお邪魔して

弾君にぴったりな一足を選んで貰いました。

お、早速履いてます。

次はベレー帽のお店へ。

このあとの旅でもバスクには老若男女を問わず

ベレー帽をかぶった方がたくさんいらっしゃいましたよ。

弾君もすっかりバスク男子です。

サン=ジャン=ド=リュズのお隣りシブールの街にあるのは…

はい、柄本弾の大切な作品、『ボレロ』の作曲家

モーリス・ラヴェルさんの生家です。

全景。

モーリス・ラヴェル作曲&モーリス・ベジャール振付の『ボレロ』、

2018年12月に新国立劇場で踊った時の

長谷川清徳さん撮影の写真もお見せしておきましょうね。

この日は『ボレロ』をなんと2回踊った柄本弾です。

ティノさんにラヴェルの生家のことを話していたら

切り返された早口言葉には笑えました。

“Le Boléro de Ravel”を10回言えと。

今回もご覧いただきありがとうございました。

オマケの一枚は移動の日、

車に乗り込む前の若干眠そうな弾君。

しっかりしなはれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ