ハチャトリアンさんて?

先週末から公開になった『剣の舞 我が心の旋律』は

ロシア支配下のジョージアで1903年アルメニア人として生まれた

作曲家、アラム・ハチャトリアンさんの映画です。

この映画に柄本弾がコメントを寄せました。

ハチャトリアンは『仮面舞踏会』や『スパルタクス』などを

作曲されましたがこの映画の主題、『剣の舞』はひと夜で書かれたそうで!

そのドラマティックなストーリーが明かされます。

日本でもみんな聴けばあぁ、とわかるメロディですよね。

産経新聞の映画評も合わせてどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ