バスクダンスのカンパニーと。

旅するフランス語』第23回、ご覧いただきましたか?

半期分の最後の2回はバスクダンスの回です。

ティノさんと弾君が歩いているのはバスク地方のBardosという村です。

この近くに村のコミュニティ施設があって

そこでジュリアンさんという方が 伝統舞踊、バスクダンスの

カンパニーやスクールを主宰しているんですね。

地図で確認、赤い矢印の村ですよ。

お邪魔します。

まずKディレクターから説明が。

ジュリアンさん、初めまして。

お会いできて嬉しいです。

スーパーコーディネーターのJさんから

ダンサー、演奏の皆さんにも弾君の紹介です。

皆さん興味津々で聞いてくださっています。

日本のプリンシパルですって。

弾君は着替えて黙々とストレッチ。

ティノさんも。

まずは子供クラスの生徒も混じって

バスクダンスの基本のステップを習いました。

あれ、ティノさんだけちょっと違う?

ティ、ティノさんにしか目が行かない!

さぁ作品にかかります。

ストーリーはテキスト3月号をご覧くださいね。

男性はこの二人が主演でしたね。

バレエにも取り入れられているバスクダンス、

足の細かい動きが特徴のようです。

女性ダンサーはクラシックバレエ出身の方が多いんだとか。

皆さんキュート♡

プリンシパル?と演奏者の方々。

生演奏でバスクダンス、いいですね~。

お疲れ様でした!

初めてのステップや踊りで緊張したけれど充実の一日でした。

本番の日は地域の方がたくさん見に来られる予定だとか。

さぁどうなる!?  最終回は明後日、お見逃しなく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ