さよならトゥールーズ♪

NHKEテレ『旅するフランス語』はあとひと月半を残すのみとなり、

舞台はすでにトゥールーズからバスク地方に移っていますが

ここでは弾君が写っていない、美しいトゥールーズの街を

腕の悪い写真ですがご紹介したいと思います。

まず仕事じゃなかったら乗りたかった、

トゥールーズの中心キャピトル広場に留まっていた観光ミニ列車♡

この街の象徴、れんが色の建物と白い車体のコントラストよ♪

ホテルの窓から見た朝焼けのトゥールーズ。

上から見てもれんが色です。

キャピトル広場近くの小さな通り。

電柱&電線がないって本当にすっきりしていますね。

歴史を感じる建物ばかり。

標識は上がフランス語、下がオック語だそうです。

トゥールーズの台所、ヴィクトル・ユゴー市場。

1階が市場、2階がレストランになっています。

この市場でのショッピングカートコレクションはこちらでご覧ください

キャピトル劇場です。

郊外にあるキャピトル・バレエのスタジオも弾君、訪問しましたね。

その時の振り返りはこちらからどうぞ

ヴィクトル・ユゴー市場だけではなく青空市場も賑わっていました。

集中レジのスーパーも便利ですが

こうやって対面で買い物するのも楽しいですよね。

トゥールーズはパステル染料の交易で栄えた街でもありました。

そういうわけでれんが色とともにパステルブルーも

あちらこちらで街に彩りを添えていました。

この扉も素敵です。

さらに人々の生活の一部ミディ運河。

係留した底の浅い船“ペニッシュ”で暮らしている方も多く、

弾君たちも訪問しましたよね。こちらです

またエアバスの本社も擁するトゥールーズ、

時折り空を見上げると青空に飛行機雲が何本も。

こういう風に電線がないと飛行機雲さえ美しく感じます…

以上簡単ですがトゥールーズの街の振り返りでした。

お名残りは尽きませんが、いつか再訪する日までAu revoir!

ティノさんと弾君のこの自然な写真、いいですよね♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ