パステル尽くし、前編です。

トゥールーズ、ガロンヌ川ポン・ヌフ橋近くのあるお店の前で

ティノさんから今日のプランを聞く弾君。

NHKEテレ『旅するフランス語』第10回が終わりました。

それでこのお店は?

外観も品物もなんだか水色で素敵ー!

Pastel という文字も読めますね。

実はトゥールーズは15~17世紀、

インドからインディゴ染料が入るまで青い染料=パステルの一大産地で

いわゆるパステル長者がたくさん存在していたんだとか。

詳細はテキスト内、西川葉澄先生の文章をお読みくださいませ。

上がフランス語、下がトゥールーズで昔、話されていたオック語。

この建物も『アセザ館』と言ってかつての大富豪のお屋敷なんです。

アセザ館の入り口に弾君を立たせる。

今月号のテキスト表紙もここで。

そして三宅カメラマンに撮っていただいている撮影風景、

いやしかし弾君、かっちょいいですね~。

今回、今は美術館になっているという

このアセザ館の中には入らなかったのですが

中庭から見える光景だけでも充分魅力的でした。

こんなゴージャスな建築物が建てられたパステルって?

じゃん、パステル畑です。

Yahoo! の地図から。 市街地から南東部へ離れますが、

ピンクの星のあたりにある、

Terre de Pastel というパステル天国な施設に隣接したパステル畑ですよ。

同施設の公式サイトより。

最近、自然由来のパステルの良さが再認識されていて

染料を生かしたファッション&インテリア商品のほか

美容系の商品もたくさん開発されています。

Sandrine さんに教わって収穫体験!

彼女が身につけておられるセーターやストールもパステル染めです♡

ティノさん、間違って雑草を抜いてましたね笑。

弾君がフランス語で1から20までをスラスラ数えてたのもすごかった。

ひたすら摘む。

若干収穫ハイになっています。

なんちゅう顔してんねん。

たくさん獲れた!

じゃ、この際パステル染めの体験にも On va!

筆者の体力事情により一旦切らせていただき後編へ続きます…

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ