キャピトルバレエ団へ。

緊張した面持ちでスタジオに入る弾君。

皆さま昨夜の『旅するフランス語』、ご覧いただけたでしょうか。

先週はキャピトル劇場を訪問したわけですが

昨日はいよいよ本丸?のバレエ団のスタジオに伺ったのでした。

この直前には偶然にも振付指導に来られていた

ハンブルク・バレエのプリンシパル、

アレクサンドル・リアブコさんに出会うという嬉しい再会も。

リアブコさんの『アルルの女』がすごく好きな弾君です。

今まで弾君のインスタグラムにも

時々登場していただいていますね。

ナデシコも去年の『ニジンスキー』でのリアブコさんに震えました。

とは言えまだフランス語はこれから、の弾君、

トゥールーズにいる事情を

スーパーコーディネーターのJさんに伝えて貰いました。

さて自己紹介のあとクラスが始まりました。

弾君、わかりますか?

ジャンプしてますね。

午前中にピアノの演奏でバーレッスンや基礎の動きをみっちり練習することは

世界のバレエ団で共通なようです。

この日も弾君、クラスが終わると汗をびっしょりかいていました。

そしてピアノがYAMAHAだということにさっき気づきました。

日本製品、世界のどこででも活躍中です♪

大きなお腹を気遣いながらクラスにマイペースで参加していた

カテリーナ・シャルキナさんとも再会。

彼女が以前ベジャール・バレエにいたとき、共演しています。

せっかくなので記念写真。

可愛いのでもう一枚♡

カテリーナさん、このあとキャピトル・バレエ団を離れられたようですが

いつかまた弾君と共演できますように。

さてクラスを終えた弾君は別のスタジオへ。

再び入念なストレッチをしたあと迎えたのは…

バレエ団の芸術監督でオペラ座の元エトワール、カデル・ベラルビーさん。

実際にはもっと長かったのですが、数分間のテレビからも伝わってくる

熱い指導をしていただきました。

『エレガントに』と何度もおっしゃっていました。

お歳はわかりませんがスマートで颯爽としていて情熱的で

さすがオペラ座の元エトワールです。

貴重な機会をいただき有り難うございました。

クラスとベラルビーさんのレッスンを終えて感想を述べております。

そして業務連絡?

弾君が履いているこのブーティについてです。

こちらは『カトル・カール・バレエ』で扱っておられる品物ですので

ご参考までに。 イナズマパンツとともに弾君、愛用しております☆

最後に怒涛のスナップ写真、いきますね。

キャピトル・バレエのエトワール、Davit Galstyan さん。

スミマセン、フランス語的に何とお読みすればいいのか…(汗)。

ハンブルク・バレエの帝王、アレクサンドル・リアブコさん。

撮影に応じてくださって有り難うございました。

バレエ団でこの日お世話になった広報ご担当の美女です。

元バレリーナって感じですよね。

大トリは日本男子たちと!

左の玉川貴博さんは今はキャピトルバレエを離れてフリーランスとして、

右の金子稔さんはデミ・ソリストとしてそれぞれ活躍中です。

異国の地で大変ですよね、身体に気をつけて頑張ってください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ