世界初演!

勅使川原三郎さんと。

週末は東京バレエ団の、勅使河原三郎振付の世界初演『雲のなごり』、

ジョージ・バランシンの『セレナーデ』、モーリス・ベジャール『春の祭典』の

トリプル・ビルでした。

弾君は『雲のなごり』の土日両日、

土曜日の『春の祭典』のリーダー役を踊りました。

『雲のなごり』は最初の写真のように素っぴんで髪をタイトになでつけ

黒づくめの衣装。ミニマムないでたちです。

『春の祭典』もこんな身体にフィットした衣装で。

幕間が15分しかなかったのでメイクをせず髪を直しただけですって、

でもピカピカの肌をしていますね。

いずれにせよどちらも眼福でございました。

ところでそんな弾君を応援に、

また『初演初日を観ると10年寿命が延びる!』という言われを頼りに

登場したのが我らがエリカ先生です。 先生ホントですか?

そんならこの作品は初演でも世界初演だし寿命は何年延びるのか。

確かに、弾君と並ぶと?寿命が延びていそうですね♡

ロビーでは弾君が出演中の『旅するフランス語』のテキスト、

桜沢エリカが佐々木忠次さんの伝記を漫画化した

『バレエで世界に挑んだ男(光文社)』と同英語版(新書館)が売られていまして

感謝でした。

2日目、プレトークに登壇され終演後は楽屋にも来られた

舞踊評論家の岡見さえさんと。

同期の伝田陽美さんと。

伝田さんの初日の生贄役も素晴らしかった!

なんかポーズ取ってくださいといつもの?お願いをすると…

即ふたりでこんなポーズ。

弾君は役柄が違うんですが楽しそうだからいいですよね♪

勢いよく額を合わせたので

このあと二人ともおでこを押さえていました。笑。

先生の白い着物も初日らしく目出度い印象でカッコ良かった。

『雲のなごり』に合わせ雲の柄の帯をしたかったんだけど

うまく合う着物がなくて、ですって。

この帯でも充分素敵です♡

因みに2日目も現れた先生はグレイ×シルバーのコーディネート。

やっぱり洋服もさすがですよね。

楽屋見舞いもたくさん、有り難うございました。

このあと柄本弾は外部出演では11月16日の川越での『ジゼル』、

12月13日は東京で、22日は京都で『くるみ割り人形』が控えています。

それぞれの劇場でお待ちしています!

オマケ、2日目のロビーで美しい川島麻実子さんを発見!

ご自分の大きな電照看板の前でパチリ。

初日の『セレナーデ』、エレガントで上品でうっとりでした♡

12月の『くるみ割り人形』は弾君との共演が本当に楽しみ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ