京マチ子さま、オヤジたち。

京マチ子さんの追悼映画祭が恵比寿ガーデンシネマで開催中。

特に楽しみにしていたのが『黒蜥蜴(1962)』。

すらりとしたスタイル、OSK出身ならでは身のこなしに、

着物やドレスの着こなしにもうっとり。黛敏郎や三島由紀夫も制作陣に。

情けないオヤジ達が頑張る姿になぜか胸を打たれる

『シンク・オア・スイム』

この手の映画って、外国では大ヒットするのに

日本では意外に打ち切りが早かったりするんですよね、もったいない!

同世代の者として名前を聞くと気になる宮﨑勤、

安永英樹『肉声(文藝春秋)』。

これを読むと彼がいかに変に知恵がまわって

言い逃れや嘘が上手だったことに驚きます。何がネズミ人間だ!

奥山淳志『庭とエスキース(みすず書房)』。

弁造さんが亡くなったのは残念だけど

こうやって美しい本に残して貰えてお幸せだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ