エスパーダ。

ひと・ひと・ひと…

1976年から3年に一度開催されている

『世界バレエフェスティバル』が華やかに始まりました。

幕開けは『ドン・キホーテ』全幕

キトリとバジルには海外のダンサーを据え

まわりは東京バレエ団のキャストで固めます。

柄本弾は闘牛士エスパーダを熱演、

バジルよりもハードそうじゃない?

弾君のマント遣い、カッコ良かったですね~。

終演後楽屋見舞いに伺った桜沢エリカと。

あ、まだエスパーダ入ってますね、りりしいです。

はいもう一枚。とっても楽しそうです。

この後の日曜日のトークイベントの打ち合わせで

『25ans』で自分の出ているページを見せる弾君です。

ドンキとボレロの合い間だけどファンの方との交流でもあるので

こっちも頑張ってね。

そして桜沢の最新刊『バレエで世界に挑んだ男(光文社)』

世界バレエフェスティバルの会場でも販売していただいています。

本人もほぼ毎日か?ぐらい通っていますので

見掛けたらサインをねだってくださいませ☆

最後の一枚はまた楽屋に戻って

プリンシパルの川島麻実子さんと桜沢。

この翌日はメルセデスだね、頑張ってくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ